最新記事一覧

目を大切に扱うために

男性

目の疲れが進行して飛蚊症になる場合もありますが、症状が出る前に自分でいくらかできることはあります。それはどんなことかというと、ルテインやアントシアニンなどを含む食品を意識的に取り入れると、飛蚊症になる確率が低くなります。

詳しく見る

早期発見が重要

目

白内障や緑内障は、高齢者に多い病気となっています。名前はよく似てる2つの病気ですが、、症状は大きく異なります。白内障は水晶体のレンズが曇る病気です。また、緑内障は、脳の伝達と関わる病気です。後者は失明の恐れもある為、症状に気づいたら早めに通院をしましょう。

詳しく見る

失明原因第1位の目の病気

眼球

早期発見で早期治療

目の病気の中でも失明原因の第1位に挙げられる緑内障は、40歳以上の日本人の約20人に1人の割合といった高い有病率であります。年齢と共に増加していく為、今後の日本目の病気としてさらに増加傾向をたどることが予期されています。緑内障と診断されたからといって、必ずしも失明するといったわけではなく、早期発見と早期治療によって、失明という最悪のケースをさけることも可能です。緑内障は大きく4つの種類に分けることができます。原発開放隅角緑内障は、遺伝、免疫、酸化ストレスなどが原因といわれ、視神経と大きな関わりがあるのではないかと考えられます。原発閉塞隅角緑内障は、一般的に急性緑内障発作を伴うことでも知られており、頭痛や吐き気、目の痛みなどの症状を伴います。さらに続発緑内障は、ほかの病気が原因で眼圧が上昇することによって起こるタイプです。また、発達緑内障は持って生まれたもので、乳幼児に診断されることが多いタイプです。早期発見をするには、定期的眼科医で目の検査を行いましょう。目で見える範囲をチェックする視力検査では、緑内障の新興具合を判断するのに欠かせない検査です。さらにて胃がん検査で視神経乳頭にあるくぼみを検査することで、緑内障の進行具合や程度を診断することができます。早期発見により、病気の進行を遅らせるまたは阻止する治療方法を行うことが可能です。点眼薬や内服薬などの薬を利用して、眼圧を下げるまたは、レーザーを利用した治療を行なって眼内の防水の流れを変える治療方法や、さらに手術によって治療する方法もあります。しかし、基本的に病気が改善することはなく、その進行を止めることが治療の大きな目的となります。

視界に気になるものがある

目元

浮遊物が出てきただけなら飛蚊症だけですが、他にも症状があるなら病気が隠れている可能性があります。視界が欠けて見える網膜剥離や頭痛や吐き気がするなら、血管新生緑内障が考えられるなど病気が疑われることがあるので病院へ行きましょう。

詳しく見る

病院で違うのか

ウーマン

病院によって大きく治療費の違いはない緑内障治療ですが、行われる治療方法で費用が大きく変わってきます。保険適用内ですが任意保険に加入していれば治療費や入院費をカバー出来ますし、治療数の多い名医がいる病院を選択すれば安心です。

詳しく見る

しっかりみてもらうために

医師

飛蚊症の疑いがある場合、安心して利用できるホームドクターを、前もって見つけておくことが重要です。そこで、眼科を選ぶポイントですが、定期検診を行っていることや、治療方法についてきちんと説明してくれる眼科かどうかが、選ぶポイントになります。

詳しく見る

Copyright© 2018 緑内障の深刻化を未然に防ぐ!【点眼薬や内服薬などの薬を利用】 All Rights Reserved.