最新記事一覧

早期発見が重要

目

白内障との違い

目の病気はいろいろありますが、一番よく聞くのは白内障ではないでしょうか。特に高齢の方に多い病気ですが、それによく似た名前で緑内障という病気があります。白内障ほど有名ではないので、知らない人もいるかもしれませんが、この2つの病気の名前は似ていますが全く異なる病気です。白内障は簡単に言えば水晶体と呼ばれる目のレンズが曇ってしまう病気で、治療で回復が可能です。高齢の方に多く、全体的に視界がかすみ霧の中にいるような状態に見えるのが特徴です。物がかすむため視力が低下して、運転免許更新などで見つかる場合も多々あります。一方、緑内障はレンズが曇るわけでありません。視神経と呼ばれる目が受けた情報を脳に伝達するための場所に問題が発生して、視野が狭くなる病気です。この病気は、自覚症状がほとんどなくゆっくりと進行していきます。両目が同時に発症することが少ないため、緑内障を発症した目の視野が徐々に狭くなっても、緑内障ではない目が視野を補ってしまうため、気づくのが遅れてしまうのです。緑内障は白内障と違い、治りません。視野が欠けてしまえば、その部分はもう治ることがないのが特徴です。気が付いたときには手遅れになっていて、失明することさえあります。一番の予防策は眼科への定期的な通院です。もし緑内障だと診断されたら眼圧を抑えるなどの対処をして、進行を遅らせることが可能です。片目ずつ物を見てみて、おかしいなと感じたらすぐに受診しましょう。早期発見が大切な病気です。

Copyright© 2018 緑内障の深刻化を未然に防ぐ!【点眼薬や内服薬などの薬を利用】 All Rights Reserved.