最新記事一覧

しっかりみてもらうために

医師

ホームドクターを見つける

飛蚊症の可能性がある場合、症状が現れた時だけ眼科を利用するのではなく、どんなことでも気軽に話せる掛かり付け医を探しておくことが重要です。しかし、数ある眼科の中から、一体どういった眼科を利用すればいいのか、頭を抱える方も中にはいるかもしれません。そこで、良い眼科かどうかを判断するためには、いくつかことを意識しながら選ぶことがポイントです。はじめに、管理医師もしくは眼科専門医がメインとなり、診療をやっているかどうかがポイントです。ちなみに管理医師というのは、医療施設の管理を担当する医師のことで、一般的には所長や院長が管理医師として勤めています。仮に、管理医師や眼科専門医でない医師が、交代制で診療をやっているような眼科については、できるだけ控えた方がよいでしょう。つぎに、飛蚊症の治療にはどのようなやり方があるのか、患者に対してわかりやすく話してくれる眼科がおすすめです。シンプルな説明だけでとりあえず薬を処方したり、飛蚊症治療について事細かに説明してくれなかったりなどの眼科は、信頼感が持ちにくいはずです。したがって、自分の目を大切に扱うためにも、丁寧に飛蚊症の治療方法を説明してくれる眼科を、選ぶようにしましょう。また、目の検診を、一定の期間を設けてやってくれるかどうかも欠かせないことです。症状が軽くなってから、次の週に定期検診をやるよう患者に勧めてくれる眼科に関しては、患者のことをきちんと考えている優良な眼科とも言えます。その反対に、何回も通院しても、まったく定期検診の話をしてこない眼科も中にはあるので、そういった眼科は選択肢から外した方がよいでしょう。

Copyright© 2018 緑内障の深刻化を未然に防ぐ!【点眼薬や内服薬などの薬を利用】 All Rights Reserved.